行政書士ミヤシンの800字映画評

映画の感想を原稿用紙1〜2枚分でコンパクトに。ときどき書評。たまに・・・。

2016-02-14から1日間の記事一覧

千利休

千利休とは「なにもの」であったか 豊臣秀吉との「確執」はどんなだったのか 史実と解釈と想像力 作家三人 三様に 装丁の花は左から椿 木槿 朝顔(それぞれの物語で深い意味が)