行政書士ミヤシンの800字映画評

映画の感想を原稿用紙1〜2枚分でコンパクトに。ときどき書評。たまに・・・。

テレビ

さいきん見たテレビで印象深い言葉

凄絶な生い立ちをバックボーンにした短歌が注目されている女性歌人「神社で願い事が書かれた絵馬を見るのが好きなんです。みんなの願いが叶ったらいいなあって。」「神様も、言葉も、信じているんだなあって。」 動物園キリンの救命に粉骨砕身する男性飼育員…

「真田丸」

昨夜 最終回だった「真田丸」で 最も印象に残る回は第26回「瓜売」です↓ miyashinkun.hatenablog.com

なつかしい!(何が?)

80年代に、ユーミン・小田和正・財津和夫の超豪華(とはいかにも陳腐な言いようだけど)ユニットがありましたね。youtubeには加藤和彦+坂本龍一+後藤次利+高中正義+高橋ユキヒロがバックバンドを務めるアンビリーバブル(モチロンいい意味で)な映像も…

熟練俳優の

一昨夜「真田丸」の瓜売り「演技合戦」、見応えあったなあ。 昌幸演じる瓜売りを芸歴ン十年ならでは上手く!演じる草刈正雄。秀吉演じる瓜売りを芸歴ン十年ならでは下手に!!演じる小日向文世。しかも「オノレが下手であるのを本当は分かっている秀吉」をも…

映画「あん」

「ある病気の元患者」徳江(サスガ!の樹木希林)は 小さなどら焼き店で働き始める。「ある病気の元患者」がゆえに50年間つくり続けてきた餡作りの大ベテランであった。 「カゴの鳥」がキーになっている。さまざまな事情でその状況にある登場人物たち。「あ…

お笑いコンビは

ノッポとチビ、デブとヤセ、イケメンとブサイク等々たいてい対比的なので各々の名前を知らなくても「ノッポのほう」とか「イケメンのほう」とか「山根〜と言うほう」とか「ゲスの極みと言うほう」(例のフクロ叩かれたボーカルのバンド ひょっとしたらあのネ…

どーしても聞こえる⁇?

NHK朝ニュースの女性アナウンサー、「鉄道の情報です」が「鉄郎」に聞こえる。アナの滑舌モンダイか わが脳が銀河鉄道999を知ってるゆえか。 参考 星野鉄郎 - Wikipedia

寅さんと浜ちゃん

60年代末から90年代半ばまで制作された映画「男はつらいよ」(寅さん)シリーズと80年代後半からゼロ年代にかけての「釣りバカ日誌」シリーズは、戦後社会史のちょっとした勉強になるかも。 第1作で結婚した(今や死語化しつつある「祝言を挙げる」 と言って…

団塊世代が・・・

日曜のNHKスペシャルで「高度経済成長を支えた団塊世代」というナレーションがあったけれども云々 というFB投稿を目にしました。私もその番組を見ていて、件のナレーションに?と感じたクチです。高度成長後期の 他ならぬ大学「紛争」の世代ですから、年代的…

なつかし〜

とは言え、ほとんどテレビっ子のレベルだった私だが、そのCMをリアルで見た覚えはない。なのに このセリフをしょっちゅう口にしていたのは、それほどに いわゆる人口に膾炙していた ということか。それとも、(私自身には兄姉はいないが)お兄さんやお姉さん…

NHK「大アマゾン 最後の秘境」の音楽

ヒカシュー(写真↓)のドラマーで 坂出雅海さん(ヒカシューのベーシスト)とのユニット黒やぎ白やぎ(写真↑)を組んでいる 佐藤正治さんが、きのう初回だったNHKスペシャル「大アマゾン最後の秘境」シリーズの音楽をご担当♬ miyashinkun.hatenablog.com

「人馬二体」

「クローズアップ現代プラス」と称するも その実は「クローズアップ現代マイナス」では?の悪い予感が当たった感あり、昨夜もその間に入浴して 出てきたら競馬に関する番組をやっていた。見入った。「人馬二体」なる武豊 語にも引き込まれて。姿も 躍動も 騎…

刑事コロンボ

「刑事コロンボ」70年代シリーズ、大好きです。全45作は大傑作と傑作しかありません(私的基準^^;)が前者は「構想の死角」「指輪の爪あと」「二枚のドガの絵」「黒のエチュード」「権力の墓穴」「黄金のバックル」、、、とりわけ私が推したいのは「愛情の計…

『わたしを離さないで』ドラマ化(綾瀬はるか主演)

車中コマ切れ読みか 家で一気読みか、選択をチト間違えることがあります。本作は、「次は大手町 大手町です」にジャマされず 読み耽るべき小説でした。カズオ・イシグロ『わたしを離さないで』ハヤカワepi文庫 2008年(原著は2005年)。 最初からテンポよい…