行政書士ミヤシンの800字映画評

映画の感想を原稿用紙1〜2枚分でコンパクトに。ときどき書評。たまに・・・。

相撲

豪栄道のお母さん、ステキ

花道脇に座っていた 豪栄道のお母さん、土俵に向かう息子が横を通るとき 振り幅小さーく拍手する姿、とってもヨカッタ♬ 豪栄道の母・沢井真弓さん初V感激「産んだかいがあった」/秋場所 (1/2ページ) - スポーツ - SANSPO.COM(サンスポ) ↑サンスポ写真の…

世田谷八幡宮 奉納相撲(9月17日)

幕内の新鋭、正代が3年前に卒業した東農大相撲部。 見事!な股割り むかしテレビで サッカー女子日本代表佐々木監督が「蹴る瞬間は必ず片足で立っている。四股とサッカーは片足でバランスを保つのが共通している」と言っていました。

小さな大横綱逝去

亡き千代の富士(九重親方)の菩提寺、東京谷中の玉林寺。銅像も建っています。 去年4月、千代田線根津から上野の美術館に行く途上で見つけました。 「大関は強い人 横綱は・・・」 - 行政書士ミヤシンの800字映画評

観戦? 見物? お供のイッピン

大相撲見物をすると、力士の巨体に似合わぬ? きめ細かな心配りが随所に感じられます。たとえば「国技館やきとり」。温めなくても(=常温で)十分に美味しい、お土産にも嬉しいスグレモノです。 観戦でなく見物と書く↑のは、リアル友でもあるFB友に倣いまし…

「大関は強い人 横綱は・・・」

強い人は大関になる。宿命のある人が横綱になる。と白鵬。 品格を疑わせるような最近の振る舞いにも何か真逆の含意があるのでは?と思わせられるほど 深い言。 歴代横綱21人にインタビューした本書↓を思い出しました。 武田葉月『横綱』講談社、2013年発行 …

行司さんの悲哀?

同体と思ったとしてもどちらかに軍配上げなきゃいけないんだろうね。それで審判から物言いつけられて「行司はXXが有利と見て軍配を上げましたが、同体として取り直しにします」なんて言われちゃって。社会に出てこのかた、そないなタグイのコトがたーくさ…

武田葉月『横綱』講談社、2013年発行

45代横綱の初代若乃花から70代の日馬富士まで、存命中の21人にインタビュー(「二人」を除いて)。白鵬と日馬以外は引退後。 読み応え最大級。(元)横綱たちが言った通りを聞き書きするスタイルにつき事実関係に?と感じるところがいくつかありましたが ソ…

相撲の親方こそ日本語教育の達人!?

琴奨菊どうなる?の春場所。 外国人力士たちの流暢な日本語を聞くにつけその基礎を教えた親方連こそ外国人向け日本語教師育成の講師を務めたら、とも思う。 正確かつ美しい言葉遣いでとりわけ抜きん出ているのはやっぱり横綱(大横綱)白鵬かなあ。最近は だ…

あす 大相撲春場所初日

私は50年来の相撲好きでして、子どものとき「麒麟」とか「鵬」とか難漢字をスラスラ書けたほどです^^;ずーっと小兵力士をヒイキしていました。むかし相撲雑誌には専門誌的な『大相撲』と大衆誌的な『相撲』がありましたが、妙なところでイキがっていた私は中…