行政書士ミヤシンの800字映画評

映画の感想を原稿用紙1〜2枚分でコンパクトに。ときどき書評。たまに・・・。

ワタシも大感激

headlines.yahoo.co.jp ワタシは、ケンゴこと中村憲剛の熱烈サポにして miyashinkun.hatenablog.com まいど予選落ちの元陸上部員として、ボルトを大リスペクト miyashinkun.hatenablog.com

3年前のきょう亡くなった山口淑子氏

女優として国会議員として著名でしたが、今や文字通り「過去の人」でしょうか。1987年発刊の『李香蘭 私の半生』を読んで、私がとりわけ感じ入ったこと↓ 1920年中国生れの日本人 山口淑子は「中国人女優 李香蘭」として、1930年代半ばから終戦の年まで「満州…

スベるハナシ⁇

クリーニング屋さんの店頭で 背広のポケットを念の為まさぐったらゴミが出てきたのでゴミんなさい、と言ったけどまるっきり受けませんでした^^; 先方 きょうは蒸し暑いですねと言うとったので サムくなってよかったかもね⁇

体罰について

以下のつぶやきは「日野氏ビンタ」の件そのものとは一切関係ありません。 この類が報じられたときのSNSでのやり取りを見るといつも、体罰容認的な考えを持つ人がけっこう多いように感じられて驚きます。 私が学校に通っていた時代は教師の体罰が日常茶飯でし…

プチ 気持ちのズレ

小説のクライマックスでもないのに印象深い場面、みなさまもいくつかあると思います。私はたとえば水村美苗『本格小説』(こう見えて小説のタイトルです)の一場面。高いところの電球の交換。頼む方はゼンゼン気軽、頼まれる方はちょっぴり屈辱的、、、登場…

まさに今宵のような月?♬

headlines.yahoo.co.jp 「その後もきれいな月を見つけますと嬉しくなり、宮さまにお電話をおかけしております。」 及ばすながら夜空を見上げました。

ソコがキモだったか!?

www.foxmovies-jp.com ラストで↑主人公がグリーンの服を着ている意味を考察しているブログ記事をたまたま読み、目からウロコが落ちまくりました。 ワタシはサッカーとラグビーが大好きなので ユニフォーム色たるグリーンがアイルランドカラーなのは知り尽く…

過失か故意か⁇

久しぶりで会ったヒトに「ご無沙汰してます」と挨拶しようとして「ご馳走さまです」と言っちゃってホントにご馳走になっちゃった 同じ字は「ご」だけだね

「セッション」を思い出しました!?

headlines.yahoo.co.jp miyashinkun.hatenablog.com miyashinkun.hatenablog.com

明治生れの

亡き祖母は私の息子に話しかけるとき「シンちゃん」(=私)から始まってわが妹の名、いとこの名、、、と出生順に並べていきやっとシンちゃんの子の名が出てきたものです。 祖母は美容院あたりで週刊誌でも読むのか、どこで仕入れるのか知らないがピンポイン…

寝相

若いころは何かと緊張しますが 終日気を張っていた晩はその反動で気が緩むのか寝相が悪くなるタチでして 初めての社員旅行で隣に寝ていた上司のお腹を枕にして 「それは枕じゃなくてオレのハラだ!」とどやされたものです。 学生のとき留学生の東南アジアの…

「株式会社読売巨人軍」だったとは!

headlines.yahoo.co.jp 記事↑を読んで社名そのものがまさに「巨人軍」と初めて知りました(このニュースのテーマとは無関係ですが)。てっきり「軍」付けはマスコミ用語とばかり思っていたんです。むしろマスコミは正式名称を使っていたのですねえ。 同社公…

そういえば・・・

昨夜テレビでさだまさしが「トイレのことをWCって聞かなくなったなあ」と言っていましたがワタシは20年ほど前に、社名の略称がWCLだった取引先のヒトから自虐ネタ的に「WCみたいでしょう?!」と聞いたのが最後だったように思います。

大脱走、ガンジー

3年前のきのう 死去したリチャード・アッテンボロー氏。映画「大脱走」の連合国側脱走首謀者役にして映画「ガンジー」監督。 「大脱走」、とっても好きな映画で子どもの頃から何度も観てます(主にテレビでだけどね)。 イングランドはネクラ、アイルランド…

高橋一生、阿部サダヲ

先の日曜、NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」の高橋一生はまさに快演!でしたが家康役阿部サダヲもなかなかの怪演だったと。直虎から「約束違い」を責め立てられて、無言で土下座ひれ伏したまま後ずさりして直虎の視界から消える… ワタシもそうしたい気持ちに…

ナルホド!スピルバーグは反トランプ(映画「ターミナル」を見て)

この作品だけでもスピルバーグが反トランプなのが頷ける。長らく観たいと思っていた、2004年公開のスティーヴン・スピルバーグ監督作。 公開された年は、2001年911テロのあと米国内(に限らず)の「分断」が取りざたされていた頃。その15年ほど前には共産主…

雨宿り?それとも?

一昨日からずーっとココに。雨がやんだ今朝は、と思いきや おわします。 miyashinkun.hatenablog.com

きょう終戦の日

一冊の本と一本の映画を改めて紹介します。 miyashinkun.hatenablog.com miyashinkun.hatenablog.com 隣国では解放記念日であることにもまた眼を向けたいと思います。去年大ヒットした映画にもそんなシーンが↓ miyashinkun.hatenablog.com

あす終戦の日

4年前の今日、「終戦の詔書」原本を国立公文書館で見てきました。行の脇に字句が書き足されています。時間的に極めて切迫していたことがここからもよくわかると思います。我々がワープロ普及以前の部長印をもらう書類のことを思い出せば・・・。ましてや72…

夏は苦手だワン

ナルシスト系?の亡きムスメはトリマーさんの写真サービス夏の風物詩バージョンにもカメラ目線でしたが実のところ花火大会の音(ウチは多摩川での音が聞こえる距離)を怖がり、いつも小さく丸まってブルブル震えていました。そも雷にブルブル震えだったので…

お父さん!

NHK朝ドラマ「ひよっこ」で主人公(有村架純)の父親(沢村一樹)が記憶喪失になり、家族から「お父さん!」と呼びかけられて困惑しましたが オレはあるお役目のため大学の大教室で親子ほど年の違う学生に交じっています。一つ前の席の男子がこちらの方に振…

悲報⁇?

4kg以下を確かめたかったのですが いまどきのヘルスメーターはカラダしか測れないのですね? あ!そう言えばカラダも靴下履いたままだと反応しないわ ナルホド!!

秋の気配⁇?

チョンマゲの時代いやもっともっと昔から この日になると、、、と思うと なんともロマンティックな気持ちになりませんか。今年は立秋直前の先週末に聞こえました。 miyashinkun.hatenablog.com

「お言葉」一年

↑けさ日経。とても貴重な問題提起と思います。井上亮編集委員はこういう方面に専門性が高いジャーナリストのもよう。 井上氏が手掛けた好著↓ miyashinkun.hatenablog.com

ボルト自伝

今世界陸上がラストラン、ウサイン・ボルトの自伝。2015年発行(原著2013年)。 綴られた等身大の彼は、表紙写真から受ける印象通り・・・快男児! そしてプレッシャーにも苦しんできた。何度も何度も。

「広島」「長崎」風化?!

一昨年の世論調査↓。一昨日の「ニュースウオッチ9」でも触れられていました。 www.nhk.or.jp たとえば↓、もっと読まれてほしい。 miyashinkun.hatenablog.com miyashinkun.hatenablog.com

阿久悠が50年間の100曲を

一世を風靡した作詞家が「心にのこる歌、記憶にのこる歌を、幼時からひっぱり出して来て百編のエッセーを書いた」(著者あとがき)。まさに「五十年間の日本と、五十年間の『私』という人間の年史」(著者あとがき)たりえている一冊。1999年発行。 1940年か…

アイ・ウェイウェイ氏 出展中!

「ヨコハマトリエンナーレ2017」(8月4日〜11月5日)に! 【ヨコハマトリエンナーレ2017】 参加アーティスト アイ・ウェイウェイ ビデオメッセージ /Ai Weiwei's message for Yokohama Triennale 2017 - YouTube ヨコハマトリエンナーレ2017とは↓ http://ww…

映画「チャップリンからの贈り物」

2015年公開作。とってもステキな映画でした。 チャップリン遺体「誘拐」事件(史実らしい)をめぐるストーリー。チャップリンが生きていたらそうしたであろう「解決」で「ハッピーエンド」。 邦題は言い得て妙、そして原題「the price of fame」は秀逸と思い…

「失敗国家」のありのまま

高野秀行『謎の独立国家ソマリランド そして海賊国家ブントランドと戦国南部ソマリア』本の雑誌社、2013年発行。2013年講談社ノンフィクション賞。 無政府状態と言われているアフリカ東部の「ソマリア」。 混乱の極みで政府が機能しないという意味での「無政…