読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行政書士ミヤシンの800字映画評

映画の感想を原稿用紙1〜2枚分でコンパクトに。ときどき書評。たまに・・・。

『わたしを離さないで』ドラマ化(綾瀬はるか主演)

f:id:miyashinkun:20160116235937j:plain

車中コマ切れ読みか 家で一気読みか、選択をチト間違えることがあります。
本作は、「次は大手町 大手町です」にジャマされず 読み耽るべき小説でした。
カズオ・イシグロ『わたしを離さないで』ハヤカワepi文庫 2008年(原著は2005年)。

最初からテンポよいストーリーテリングながら どんな方向の話なのかイマイチ ?でしたが
1XXページ目でイキナリ方向づけられ
その後も話がドンドン転がって、、、
余韻も残ります。表紙のカセットテープにも深〜い意味が。

昨春 本作を読んでイシグロ小説にハマり、翻訳されている全作を読み通しました。

 

TBSで連続ドラマ化され、昨夜スタート。
私が今までに見た 小説の映画化やドラマ化にはガッカリが少なからずでしたし、とりわけ本作はいろんな意味でドラマ化難易度が高そうですが
小説の読み応えが最高級だっただけに 期待!「どうせドラマは、、、」と食わず嫌い的にオイシイところを逃すのはモッタイナイから。

で、第1回を見ました、、、うーん^^; もう一回は見てみよう。

綾瀬はるかは主人公のイメージに合ってるとは思うけど。