読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行政書士ミヤシンの800字映画評

映画の感想を原稿用紙1〜2枚分でコンパクトに。ときどき書評。たまに・・・。

戦闘機乗りから国語先生に へんしん

f:id:miyashinkun:20160226121925j:plain

仮面ライダー」は今も続くらしい超ロングランゆえ たまに耳に入るたび思い出すのは、、、
「へんしん」を「変針」(と黒板に書きながら)だと思っていた と中一のとき松本先生が国語の授業中に。

先生はその理由も話したが そんときは意味が分からずそのままずっとスルーしていたけど
やっとこさネット辞書で調べた→変針「針路を変えること。方向・方針を変えること」。
ナルホド藤岡弘の変身!ポーズを思い浮かべると針路を定めたように見えなくもない。先生が話した「理由」もそんなことであったのだろう。

数少ない 好きな先生の一人だった(ワタシを好きな先生はもっと少なかったろうが)。
先生の口グセは「元戦闘機乗りは素早いんだっ」。
ワタシは子どものとき 日本の戦争はなんとなく大昔のハナシみたいに思えていて
中一だったのは1971年。40代半ばに見える先生に戦争体験⁇? ピンとこなくてホラじゃないか?ぐらいに思っていた。(同世代のわが父が予科練に入ったコトは聞いていたのに^^;)

後年、戦闘機乗り(に限らず兵士)にはハタチそこそこが多勢いた(痛ましい!)のを知る。マンガ『紫電改のタカ』(ラストで特攻死)とかもね。

だから 紛れもなく松本先生も「計算」が合っている。