行政書士ミヤシンの800字映画評

映画の感想を原稿用紙1〜2枚分でコンパクトに。ときどき書評。たまに・・・。

映画化した監督自身による原作

f:id:miyashinkun:20160302145846j:plain  

映画化した監督自身が著した原作(『ゆれる』は映画が先)をいくつか読みました。『兄 かぞくのくに』は(著者から見た)実話。あと3冊は小説です。

3人とも気鋭の若手(と言うべきか?)監督。女性であるのも共通点です(男だから〜 女だから〜 というモノ言いはあんまりしたくありませんが)。

西川美和監督「永い言い訳」は今年秋に公開予定。主演 本木雅弘、共演 深津絵里、竹原ピストル 他。

映画「0.5ミリ」の主演は安藤モモ子実妹サクラです。

「かぞくのくに」(共演 井浦新 他)にも主演した安藤サクラの主演最新作(共演 新井浩文 他)は↓

miyashinkun.hatenablog.com

気鋭の女性監督と言えば呉美保監督の↓も(主演 綾野剛、共演 池脇千鶴菅田将暉 他)。

miyashinkun.hatenablog.com