読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行政書士ミヤシンの800字映画評

映画の感想を原稿用紙1〜2枚分でコンパクトに。ときどき書評。たまに・・・。

相撲の親方こそ日本語教育の達人!?

琴奨菊どうなる?の春場所

外国人力士たちの流暢な日本語を聞くにつけ
その基礎を教えた親方連こそ外国人向け日本語教師育成の講師を務めたら、とも思う。

正確かつ美しい言葉遣いでとりわけ抜きん出ているのはやっぱり横綱(大横綱白鵬かなあ。最近は だめ押しとか猫だましとかいささか美しからざる振る舞いが目につくけど。

横綱 曙は20年ほど前の春場所で優勝したとき「春はあけぼの」との秀逸な日本語ユーモアを披露したね。