行政書士ミヤシンの800字映画評

映画の感想を原稿用紙1〜2枚分でコンパクトに。ときどき書評。たまに・・・。

寅さんと浜ちゃん

60年代末から90年代半ばまで制作された映画「男はつらいよ」(寅さん)シリーズと80年代後半からゼロ年代にかけての「釣りバカ日誌」シリーズは、戦後社会史のちょっとした勉強になるかも。

第1作で結婚した(今や死語化しつつある「祝言を挙げる」 と言っていた)寅さん妹さくら夫婦の住まいはアパート→一戸建て、、、ポスト高度成長期にも給料はいちおう右肩上がり。その夫ひろしが勤めるのが、ちょうどこの時期に斜陽化した活版印刷工場。所帯を構えた当初の電話は、呼び出し。携帯は登場せず(公衆電話の名迷シーン多数)。
釣りバカ浜ちゃんが勤める建設会社。部署に一台だったパソコンがデスクに一台になり、ブラウン管が液晶になり。携帯が登場。スマホはまだ。そして、「バブル」期とポスト「バブル」期のあれこれ。
等々。食卓でも会議中でも煙草 フツーに吸っていた、とかも。

いま毎週土曜夜 テレ東のBSで「釣りバカ日誌」放映してるけど、西田敏行 ホントにおもしろい。渥美寅さんにゼンゼン引けを取らないと思うなあ。

f:id:miyashinkun:20160509121409j:plain