読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行政書士ミヤシンの800字映画評

映画の感想を原稿用紙1〜2枚分でコンパクトに。ときどき書評。たまに・・・。

三田村蕗子『「ポッキー」はなぜフランス人に愛されるのか?』

ねじり鉢巻き読書より箸休め的読書に適した一冊。お菓子をつまみながらホッとひと息のように♬
菓子メーカーの海外展開がたくさん紹介されていますが
拡販戦略の精緻な分析、というわけではありません(副題は「海外で成功するローカライズマーケティングの秘訣」なるも)。

事例はポッキーの他、ポテチ、ハイチュウ、どら焼き、、、
ポッキーはフランスでは「MIKADO」(ミカド)という名で売られているとのことですが、そのくだりは3ページ弱だけでした^^;

著者は主に経済誌で執筆しているとのこと。
新聞雑誌特有の文体である(と思う)語尾「〜だ」と体言止めはあまりに多すぎると、、、
というぐらい多用されていました。

日本実業出版社、2015年発行。