読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行政書士ミヤシンの800字映画評

映画の感想を原稿用紙1〜2枚分でコンパクトに。ときどき書評。たまに・・・。

群像新人文学賞・崔 実『ジニのパズル』

f:id:miyashinkun:20160718102904j:plain

1998年ミサイル発射実験が行われたとき朝鮮学校の中学生だった彼女は「政治」とド正面から「対峙」する、ある行動を起こす。著者自伝的なのであろう(たぶん)。

70年代に10歳代であった私は(浅い)正義感(浅い理解に基づく)から 政治に(浅い)関心を持ち、サヨク少年とあだ名されたりしたが
ソレとコレとはあらゆる意味でゼンゼン違う(時期が隔たっていることは別として)。

文学は言葉と文の芸術(音楽が音の芸術であるように)という観点からは「まだ新人だから」となるかもしれないが
そないなことはモンダイにならぬ、書かずにおれない迸りが本作には在った。