読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行政書士ミヤシンの800字映画評

映画の感想を原稿用紙1〜2枚分でコンパクトに。ときどき書評。たまに・・・。

思いどおりにはいかぬもの


むかしの同僚に、0男5女の末娘がいました。
親御さんは4人目5人目には「できれば男の子を」と望んでいましたが、、、
「せめて静かな女の子に」とお父上が彼女の名前に「静」の字を付けたとのことです。
お父上の願いもむなしく?賑やかな(もとい朗らかな)人でした。
お姉様方も皆そうだそうです。彼女に名付けた時のお父上のお気持ち、よーく分かるような気がしたものです?!

↑ウイットに富む親御さん♬
くれぐれもヒドイ親なんて思わないでね。そうでないことはまさに彼女が賑やかな(もとい朗らかな)人に育ったことで明らかなのだから。