読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行政書士ミヤシンの800字映画評

映画の感想を原稿用紙1〜2枚分でコンパクトに。ときどき書評。たまに・・・。

眞並恭介『牛と土』 ※2015年講談社ノンフィクション賞

f:id:miyashinkun:20170323144011j:plain

 

「帰還困難区域」「居住制限区域」の畜産家たち(と牛たち=中表紙もその一頭)の2011年311から2014年までを追ったルポルタージュ
苦難 という言葉では軽すぎる日々。

読みながら・・・
「それでも原発推進」の向きがしばしば発する「あの事故で直接死んだ人はいない」を見聞きするたびにいつも私は気持ちがザラザラするのですが(私だけではないでしょう)
たしかに「直接死んだ人はいない」、彼ら畜産家に向かって それを言えるか!とも思いました。

本書の柱、「肉用牛としての価値」を失った牛が生きていく意味と生かしつづける理由を模索する「牛飼い」たちの姿は、実に気高く。「区域内の牛はいずれ屠殺される運命だったのだから殺処分されても同じ」(「あの事故で〜」とどこか似ている気がします) とは真逆の。
その模索は、農地保全として 研究用として、実を結びつつある と。