読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行政書士ミヤシンの800字映画評

映画の感想を原稿用紙1〜2枚分でコンパクトに。ときどき書評。たまに・・・。

映画「終の信託」(周防正行監督 2012年公開)


現実の事件に材を取り、重症喘息患者の尊厳死安楽死をめぐるストーリーです。
実はワタシ成人してから喘息で少々苦しんだ時期があり
日頃はしていることを意識すらするハズもない呼吸を
一生懸命しなければならないほどの体験を何度も。
ワタシは軽度だったとは言え多少なりとも身につまされた、も含めて
とても見応えがありました。
患者役はサスガの役所広司
大沢たかおが、とてつもなく頭がよくてかつそれを自覚し(すぎ)ている検事を印象深い好演。
担当医の草刈民代も熱演でしたが、、、正直もっともっと上手く演じる女優はいるだろうなあと。

彼女のようなヒトに測られたら脈拍や血圧上がっちゃうだろうなあ(^^;)。調整係数みたいなモノあるのかしら???