行政書士ミヤシンの800字映画評

映画の感想を原稿用紙1〜2枚分でコンパクトに。ときどき書評。たまに・・・。

障害者施設「津久井やまゆり園」殺傷事件一年

いま障害を持たなくても誰でも年をとれば小さからぬ確率で体(知的、精神を含む)が不自由な要介護になります。被告人の考えに共感する向きがネット上にある由ですが、そないなヒトたちは、少なくとも身内の要介護に直面したことはないんだろうなあ。要介護の4や5がどんな状態か誰かに聞いてみたら?と思います。

「税金の無駄遣い」的なモノ言いも見かけます。私とて財政危機の問題を軽くは考えませんが、それこそ税金の使い道として一丁目一番地と思います。日本国憲法↓の「すべて国民」は、「XXを除く すべて国民」(XXにはたとえば「障害者」、「要介護者」、「こんな人たち」、、、)ではありえません。そして、我らが憲法の人権保障は世界基準でありましょう。


十三条  すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。
第二十五条  すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
2  国は、すべての生活部面について、社会福祉社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。