行政書士ミヤシンの800字映画評

映画の感想を原稿用紙1〜2枚分でコンパクトに。ときどき書評。たまに・・・。

西村京太郎『十五歳の戦争 陸軍幼年学校「最後の生徒」』

f:id:miyashinkun:20171103131522j:plain

著者の十津川警部シリーズを通勤電車の伴としていたのは私ばかりではないであろう。
そんな1930年生れの著者が、戦時中および敗戦後の心の揺れを振り返り、戦後72年後の今にしてどう思うかを綴った一冊。

私の父が著者と同い年。終戦の年に「志願」して、著者は陸軍幼年学校に、父は海軍に入った。戦争がもう少し続いていたら、、、私たちが十津川警部を読むことはなかったかもしれないし 読む私がいなかったかもしれない。

通勤電車の友をモノした著者だけに、文章はとても読みやすい。 

 

ティーンエイジャーも おおぜい戦死↓

miyashinkun.hatenablog.com