行政書士ミヤシンの800字映画評

映画の感想を原稿用紙1〜2枚分でコンパクトに。ときどき書評。たまに・・・。

今年初泣きした本

ソマリランドからアメリカを超える 辺境の学校で爆発する才能』 ジョナサン・スター著 黒住奈央子・御舩由美子訳 角川書店 2017年 

f:id:miyashinkun:20180226130653j:plain

 

オーナー兼校長である著者が、アフリカ東部ソマリランドで学校設立に着手した2008年から数多のトラブルを乗り越え卒業生の過半が米国等国外の大学に進学するようになったまでを綴った手記。

逆境という言葉では軽すぎるほどの状況にめげず前を向いて勉学に励む生徒たちに、生徒たちと著者との絆に、米国で寄付を募る席で心を打つスピーチをするまでに成長した生徒の姿に、何度もジーンときた。そんな生徒たちの中でもとりわけの頑張り屋ムバリクがMITに合格したくだりではとうとう決壊。

訳者の技量に負うところ大なのであろう、スイスイ読み進められた。小さめの字 狭めの行間↓で単行本サイズ300ページ余だが、この土日にオリンピックTV観戦と交互読みで読了。

f:id:miyashinkun:20180226115227j:plain

 

いわゆる途上国と教育 に関する本と映画↓

miyashinkun.hatenablog.com

miyashinkun.hatenablog.com

 

ソマリについて↓

miyashinkun.hatenablog.com