行政書士ミヤシンの800字映画評

映画の感想を原稿用紙1〜2枚分でコンパクトに。ときどき書評。たまに・・・。

アカデミー賞作品賞「シェイプ・オブ・ウオーター」を観て


www.foxmovies-jp.com

1960年代前半という時代の
冷戦まっただ中の米ソによる宇宙「開発」競争という道具立てと
マイノリティへの差別 偏見があからさまだった米国社会という背景で
サスペンス含みの、素敵なファンタジーでした。

と言ってみたものの実のところ私 どのようなものをファンタジーと呼ぶのか正確に知らないのですが
「この世にない生き物が脇を固める物語」とある人が定義してくれました。ああソレならまさに!本作はファンタジーです。

  

miyashinkun.hatenablog.com

 

60年代 宇宙「開発」つながり↓

miyashinkun.hatenablog.com

miyashinkun.hatenablog.com