行政書士ミヤシンの800字映画評

映画の感想を原稿用紙1〜2枚分でコンパクトに。ときどき書評。たまに・・・。

松本清張『北の詩人』

朝鮮半島情勢が耳目を集めている今、再読。出版は1964年。

植民地時代→朝鮮戦争の「政治」に翻弄され、胸の病ゆえに信念が揺らいだ、朝鮮半島のある詩人が描かれています。

推理小説、SF、古代史探求、現代史(謀略モノ)、、、とジャンルが幅広い清張作品の中でも 本作はいささか異色。

 

miyashinkun.hatenablog.com