行政書士ミヤシンの800字映画評

映画の感想を原稿用紙1〜2枚分でコンパクトに。ときどき書評。たまに・・・。

『ベロニカは死ぬことにした』

自殺する時が ようやく!来た。彼女はベロニカ、24歳。ベッドサイド・テーブルから睡眠薬を四包み取り出した。五分後には、包みは全て空になっていた。
、、、目を開けた時、死んでいなかった。
精神科病院に入院していた。心臓が深刻なダメージを被っていて余命は長くて一週間と医師に告げられてからの、カウントダウンの日々。


哲学が融合した文学 とも言えそうな小説です。
ユーゴスラビアから分離独立したスロベニアでのストーリー。「一つの国家、二つの文字、三つの宗教、四つの言語、五つの民族」だったユーゴスラビアが四分五裂していく1990年代の政治・社会情勢を背景に。

パウロ・コエーリョ著(江口研一訳) 新潮社 2001年発行(原著は1998年)