行政書士ミヤシンの800字映画評

映画の感想を原稿用紙1〜2枚分でコンパクトに。ときどき書評。たまに・・・。

『文盲 アゴタ・クリストフ自伝』

 f:id:miyashinkun:20180504230431j:plain

f:id:miyashinkun:20180504230509j:plain

悪童日記』他の三部作で知られるアゴタ・クリストフの自伝『文盲』。

 

1935年ハンガリーに生まれ 「わたしは読む。病気のようなものだ。手当たりしだい、目にとまるものは何でも読」んでいた4歳のときから、略歴の そのときどきに彼女がどう思い、何を感じていたか。ドイツに ソ連に 自国自身の全体主義に蹂躙された祖国。西側へ命からがらの脱出行。辿り着いたスイスでは、「何でも読んでいた」はずの己が「文盲」「である」ことを痛感させられて。

 

お薦めします。三部作(の一つでも)を読まれた方には特にお薦めします。

f:id:miyashinkun:20180504230600j:plain