西村賢太の私小説

私が西村ブシを好むのは そこはかとないユーモアが漂う(と言うほど上品ではないけど)文章もさることながら何と言ってもオノレそのものを丸ごと書き込んでいるからです。それは多少なりとも大げさであろうロクデナシ振る舞いの描写のことに非ず品性の卑しさを隠すところ余すところ一切なく、ということが。たいていの私小…