読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行政書士ミヤシンの800字映画評

映画の感想を原稿用紙1〜2枚分でコンパクトに。ときどき書評。たまに・・・。

バルガス・リョサ『つつましい英雄』

f:id:miyashinkun:20160611093428j:plain

海外小説は登場人物の名前だけで性別がワカラナイこと少なからずがちょいとツライ^^;(英語圏のはまだしも)

マリオ・バルガス=リョサ『つつましい英雄』は南米文学テイスト満載と言えるであろう長編だが
たとえばマルケス百年の孤独』と比べると 幻想性は小≒具体的なハナシがドンドン転がる。のっけからグイグイ引き込まれた。
50年60年生きてきたがゆえ いろんなコトを抱えている男二人。新たな「問題」に直面した。
ペルー地方都市、運送会社社長は脅迫状を受け取り・・・
首都リマ、企業内弁護士は繰り上げ定年を決断し 念願の欧州旅行を計画するが・・・
それぞれの「問題」が並行して展開する。
父子関係がキーの一つになっていて、私を挟む二組の父子関係を「抱える」身には !!だった。
2015年発行(原著は2013年)。著者は2010年ノーベル文学賞

↑を借りたとき 文庫本コーナーに『その女アレックス』が在ったので。2014年海外ミステリー第一位作、ようやく予約数が所蔵数を下回ったもよう。
が、引き込まれず。50ページほどで放棄^^;
訳文の語尾、「〜だ。」が多い(←放棄の一因)。新聞記事によく見られる「〜だ。」は たまに混ぜるなら効果的なアクセントになろうけど、多すぎるとチト鼻につくかなあ。

(個人の感想です。)