行政書士ミヤシンの800字映画評

映画の感想を原稿用紙1〜2枚分でコンパクトに。ときどき書評。たまに・・・。

こうの史代『夕凪の街 桜の国』

f:id:miyashinkun:20170113182739j:plain

大評判映画「この世界の片隅に」の原作者による、漫画作品。双葉社、2004年発行。

あの8月6日から10年目の広島。平野皆実(表紙の女性)、仕事と家事と淡い恋心と、ささやかながら幸せな日常。しかし
「この街の人は不自然だ」「誰もあの事を言わない」「いまだにわけが わからないのだ」、、、彼女の独白から物語は転調する。(「夕凪の街」編)

そして平成に時代は移り、東京で青春真っ只中の 皆実の姪・七波は、、、(「桜の国」編)

 

miyashinkun.hatenablog.com