読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行政書士ミヤシンの800字映画評

映画の感想を原稿用紙1〜2枚分でコンパクトに。ときどき書評。たまに・・・。

松沢哲郎『想像するちから チンパンジーが教えてくれた人間の心』

おもしろすぎてワクワクしながら200ページ一気に読み切った。しかつめらしい四字熟語を使うなら、知的興奮、を覚えまくった。岩波書店、2011年発行。
著者は、チンパンジーのアイとアユムの研究で知られる。

全遺伝情報の98・8%が人間と一致するヒト科チンパンジー属(動物分類学上のチンパンジー。人間はヒト科ヒト属)の
西アフリカのフィールドと京大霊長類研究所(アイとアユム)での長年の研究・観察に基づいて
チンパンジーと人間の異同を「社会性」「親子関係」「ことば」等々多面的多角的に考察。
その目的は、人間とは何か、を知ることである。

まず
チンパンジーの「能力」を示すたくさんの事例がとても興味深い。
一つだけ紹介すると
緑インクで書かれた「赤」という漢字、赤インクの漢字「黄」、黄インクの漢字「青」・・・その漢字が何色のインクで書かれているかを
次々と答えるのは我々にとって意外と難しいが、「ことばを覚えた」アイにとっても難しかった、、、

そして
人間とは何か、のいくつかの仮説はエキサイティングでもあり所々?でもあったが
人間と他の動物を比較して~の比較認知科学としての説であり
そこはそれ
人間とは~を探究することは
哲学(「考える葦である」とかね)ばかりでなくあらゆる学問(芸術も宗教も、あるイミ仕事だって)の究極の目的(の一つ)であろうので。

文章はきわめて平易。それでいて研究・観察の手法をきちんと示し、ロジカルに論述している。

「茂みから一人、先頭のチンパンジー男性が姿を現した」(本書73ページ)
著者が一人二人と数え、男性女性と書くのは
メルヘン調ものがたりの擬人化とは、似て非なるモノ。

去年のこの時期はもっと

暑かった!?

 

miyashinkun.hatenablog.com

 

とんた と とんすけ

ともに昨年11月19日生まれ @相模原麻溝公園 動物ふれあい広場

f:id:miyashinkun:20170520153218j:plain

f:id:miyashinkun:20170520153248j:plain

f:id:miyashinkun:20170520153328j:plain

 

耳が立っているのが とんた

f:id:miyashinkun:20170520153458j:plain

耳が垂れているのが とんすけ

f:id:miyashinkun:20170520153546j:plain

クルクル動く小さいしっぽがまたカワイイ!

大宅壮一メモリアルノンフィクション大賞発表

森健氏の受賞作 、ホントに好著と思います。

www.bunshun.co.jp 

miyashinkun.hatenablog.com

 

そして15年前

f:id:miyashinkun:20170516072220j:plain

チケット争奪戦を勝ち抜き 至福のとき

 

miyashinkun.hatenablog.com

 

 

きょうは何の日

f:id:miyashinkun:20170515105432j:plain

24年前の今夜、Jリーグ誕生!

どうして半券モギられてないんだっけなあ⁇

 

沖縄復帰記念日、五一五事件 でもあります。

カワイイ!

f:id:miyashinkun:20170514104816j:plain

子雀がよちよち歩き。
と言っても この写真じゃイマイチ大きさ分かりませんよね。うしろに写っている電信柱と比較してみてください。

「雀の子」は晩春の季語♬

何ごとも分かりやすかった時代?!

f:id:miyashinkun:20170503121541j:plain

名捕手にして名監督、野村克也氏の野球本。どれを読んでも面白いですが、私がイチバン印象に残っている一節は、、、

往年の、宿舎の大広間でのミーティング。ポジションごとの性格がハッキリ分かる。
最初に来るのが外野手でスリッパを脇の方に揃えて脱ぐ。
次に来た内野手が脱ぎ散らしたスリッパを捕手が揃え終えた頃
投手がドタドタ入って来る。
捕手が揃えたスリッパの上に投手が脱いだスリッパが点々と、、、

この話自体の真偽はともかく(たいてい捕手をいい人ふうに書くのもともかく)
野球に限らずいろんなことが分かりやすかった時代のハナシ。

『マチネの終わりに』

ありがとうございます。「マチネの終わりに」公式アカウントがツイートしてくれていた↓ことに今日気づきました。

Twitter

 

 

miyashinkun.hatenablog.com

 

いつも口全開のワケ

f:id:miyashinkun:20170429095509j:plain

「赤い舌をミミズのように動かし、エサとまちがえて近づいてきた魚を食べる」ため(中田兼介『動物まるごと大図鑑 3動物のふしぎな行動』ミネルヴァ書房、2016年)。水族館では真横からなので舌は見えなかった。

 

miyashinkun.hatenablog.com

 

鉄道⇄鉄郎

ワタシが指摘したから、ではモチロンありませんが

「鉄道の情報です」と言う役が 件の女性アナウンサーから男性アナに代わりました。

 

miyashinkun.hatenablog.com

 

 

憲法15条

第十五条  公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である。
○2  すべて公務員は、全体の奉仕者であつて、一部の奉仕者ではない。
○3  公務員の選挙については、成年者による普通選挙を保障する。
○4  すべて選挙における投票の秘密は、これを侵してはならない。選挙人は、その選択に関し公的にも私的にも責任を問はれない。

 

都議選が近い ということで、対象者たる身内に郵送されました。

f:id:miyashinkun:20170427081913j:plain

f:id:miyashinkun:20170427081930j:plain

新宿中村屋つながり

f:id:miyashinkun:20170423211444j:plain

『日本最初の盲導犬』と ノンフィクションの大秀作『中村屋のボーズ』(白水社 2005年発行)とに「つながり」が!♪
中村屋の〜』は20世紀前半インド独立運動の主導者R・B・ボーズ(表紙写真)の評伝ですが、彼を日本で匿ったのが 新宿中村屋の初代社長。そして、その息子は二代目社長で 「日本最初の盲導犬」の育成に尽力。熱いハートを持つ親子だったと言えましょう。


↑イキナリ「新宿中村屋」と書きましたが、この新宿東口にある レストランにしてベーカリーが一般にどの程度知名度があるのかはワカリマセン。私は、十代の頃から「遊びに行く」と言えば新宿だったので馴染みがあります(実際に入ったことは今までに数回しかありませんけど)。こんど両作を思い浮かべながら看板メニュー 、ボーズ直伝の「インドカリー」を食べてみようかな。

そう言えば、その近くの 今は無き大喫茶「白十字」で2ヶ月間ほどバイトもしたなあ。
miyashinkun.hatenablog.com

 

日本初の盲導犬

f:id:miyashinkun:20170424085721j:plain

1939年。日本最初の盲導犬は 失明した傷痍軍人に仕えた。と言うより、その時代は傷痍軍人用だけだった。

葉上太郎『日本最初の盲導犬』(文藝春秋、2009年)は、戦中戦後10年ほどの間の盲導犬たちをめぐるノンフィクション。その名は、ボド(表紙写真)、リタ、アスター、ルティ、千歳、長門、利根、フロード、セドー、シン。
今の盲導犬クイール(秋元良平『盲導犬になったクイールあすなろ書房、1993年)のようにレトリバーが主流だが、当時はシェパードの独擅場だった。

一人一人の心身を深く傷つける戦争に対する怒りが全体にわたってベースとなっています。
ワンコ党にとっては、犬の素晴らしさ、犬と暮らす素晴らしさにも改めて心打たれます。

西村賢太、新作!

f:id:miyashinkun:20170423213015j:plain

芝公園六角堂跡』。先月発刊、西村賢太の新作短編集です。

氏の本にしては珍しく一か月ほども図書館予約待ち。氏はエッセイで 図書館利用の読者に罵詈雑言を浴びせているにかかわらず、全作読んでいる私は一冊も買っていません。それこそ氏のファンらしい と自任する次第!?

いつもながらの(と言うか 知る人ぞ知る、と言うより 知っている人だけ知っている^^;)北町貫多(≒西村賢太)主人公の私小説なるも
いつもながらの(と言うか〜以下略)テイストとはチト違い
全4編、バイオレンス(とのカタカナ言葉のような上等なシロモノではないが)皆無で
小説を「何んの為に書いているのか」(原文ママ)をツラツラ自問し続ける「静かな」展開。出色の出来と思しき4編目の ラストで、その「答」に至ります。
そこはかとないユーモア(と言うほど、これまた上品ではないが)と文章のテンポ良さは、いつもながら♪

 

miyashinkun.hatenablog.com