行政書士ミヤシンの800字映画評

映画の感想を原稿用紙1〜2枚分でコンパクトに。ときどき書評。たまに・・・。

サボテンの花が

f:id:miyashinkun:20180117124706j:plain

わがベランダでこの時期に咲く。

そう言えば 財津和夫率いるチューリップに「サボテンの花」という曲があったなあとネットで歌詞を検索してみたら↓

http://j-lyric.net/artist/a001f7c/l002e6f.html

やっぱり冬の歌でした♪

「赤塚不二夫のココロ展」

4年前の1月 東京 表参道スパイラルガーデン

f:id:miyashinkun:20180117085235j:plain

f:id:miyashinkun:20180117085408j:plain

f:id:miyashinkun:20180117085427j:plain

f:id:miyashinkun:20180117085448j:plain

f:id:miyashinkun:20180117085511j:plain

 

miyashinkun.hatenablog.com

 

 

スピルバーグ やっぱり!?の最新作

ciatr.jp

 

miyashinkun.hatenablog.com

 

🍢

f:id:miyashinkun:20180113164133j:plain
↑↓2014年1月「赤塚不二夫のココロ」展@表参道スパイラルガーデン

f:id:miyashinkun:20180113164246j:plain

チビ太がいつも手にしていた、「odenn」と打つと候補に「🍢」と出てくる、

串刺しのおでん。

昭和30年代生まれのワタシはリアルで見たことはなかったですが

先週ポン友が連れて行ってくれたおでん屋さんで初めて!

1個刺しが主でしたが、チビ太のような3個刺しもありました。見て感激!! 食べて大感激!!! 旨かったあ。

このお店↓、知る人ぞ知る人気店のもよう。

予約は数ヶ月先までいっぱい!超人気店・新宿「西尾さん」 | icotto[イコット]

 

海の色や空の色は

土地土地で違うもの。ワタシ海外経験は僅かですが。

エーゲ海の色 ホントにこんなのだった。

f:id:miyashinkun:20180111083233j:plain
ギリシャで買った、七宝焼きみたいな 土産品です。

まあ写真で見たらこれほど濃い青ではないのでしょうが
こう「見えた」(と記憶に刻まれている)ということで♪

佐川光晴『大きくなる日』

f:id:miyashinkun:20160512161931j:plain

涙腺を刺激するツボは人それぞれと思いますが
9話中5話で決壊しました。電車の中で^^;

連作短編集。
とっても感じのいい 表紙↑のような4人家族。
男の子の保育園卒園式から 「大きくな」ったとお母さんが実感した中学卒業式までの間、
大事件が起きるわけではない(と言っても退屈感なく 話がテンポよく転がっている) 4人それぞれと周囲の人たちにかかわる 日常の哀歓と心の揺れ。

人は誰でも ちょっとした誤解 ときとして偏見を持っているが、それは誤解(または偏見)に他ならないと人は誰でも薄々気づいていて、日常の出来事に正面から向き合えばソレを解消しうる
というメッセージが込められていると感じました。

朧に覚えている我が子どもの頃、それよりはハッキリ覚えている子育ての頃を 読んでいて「それって あるある!」と何度も思い出しました。それは、普遍性がある とも言えるのでしょう。
以前に私が持っていたのと同じ誤解(偏見)も出て来ました。

ステージに見立てた中央スペースを挟んで両脇、前列に園児 後列に親が座るが、親子が向かい合うように 子の正面後列に自分の親が座る
のが いまどきの保育園卒園式のようですね。
むかしはそないな工夫(または配慮)はなく、ムスコの背後に座りました(と記憶)。

集英社 2016年。

著者の『おれのおばさん』『牛を屠る』も良かった。

カツカレーとくれば

 f:id:miyashinkun:20180110174044j:plain

やっぱりライスだよね!?

ナンorライスで いつもはナンをチョイスしますが。

miyashinkun.hatenablog.com

miyashinkun.hatenablog.com

 

火🔥

f:id:miyashinkun:20180110074952j:plain

一昨年のきょう、近くの河原で どんと焼き

火を見ているとやっぱり非日常的な気持ちになりますね。

タバコをやめて久しく、たまにカレーや生姜焼きを作るときと年2回の墓参りぐらいしか僅かな火すら見るコトもなく。

でも、小学校のストーブが石炭(コークス)だった私たちは 火を「知っている」最後の世代?かも。
最近は「危ないから」アルコールランプも使わないとか。

三田村蕗子『「ポッキー」はなぜフランス人に愛されるのか?』

ねじり鉢巻き読書より箸休め的読書に適した一冊。お菓子をつまみながらホッとひと息のように♬

菓子メーカーの海外展開がたくさん紹介されていますが
拡販戦略の精緻な分析、というわけではありません(副題は「海外で成功するローカライズマーケティングの秘訣」なるも)。

事例はポッキーの他、ポテチ、ハイチュウ、どら焼き、、、
ポッキーはフランスでは「MIKADO」(ミカド)という名で売られて(「愛され」て)いるとのことですが、そのくだりは3ページ弱だけでした^^;

著者は主に経済誌で執筆しているとのこと。
新聞雑誌特有の文体である(と思う)語尾「〜だ」と体言止めはあまりに多すぎると、、、
というぐらい多用されていました。

日本実業出版社、2015年発行。

 

miyashinkun.hatenablog.com

 

 

『あしたのジョー』!

f:id:miyashinkun:20160805232115j:plain

小学生の頃おこづかいを『少年マガジン』だけに費やしていた。一冊60〜70円の時代。
ギャグの二本柱「天才バカボン」と「パットマンX」に毎週大笑いさせてもらったものだが、なんと言っても最大のお目当ては「巨人の星」だった。

あしたのジョー」もワクワクしながら読んでいたが、世のオトナたちがやたらと持ち上げるのが何となく気に食わず、力石の死のあと「巨人の星」最終回を見届けたタイミングでマガジンを買うこと自体をスッパリ止めてしまった(その原資で『月刊大相撲』を購読した^^;)。だけど、ちょっぴり気にはなっていた。

15年ほど前に出た復刻版で最後まで読んだ。力石の死以降のストーリーがたっぷりある(力石の死が壮大な布石でもあり)ことにまず驚き、そして

凄かった。ストーリーのうねりもディテール一つ一つも ちばてつやの画力も何もかもが。

白木葉子の愛を拒絶しながら受け入れた(または受け入れながら拒絶した)シーンは悲しく厳しく美しかった。
あまりにも有名なラストシーン「真っ白に〜」は中盤過ぎに小さな伏線があった。
そして、力石はジョーの中に「最後」まで「いた」。

とりわけ中のとりわけが金竜飛のくだり。金の東洋チャンピオンシップに挑戦したジョー朝鮮戦争時の凄絶な飢餓体験「ハングリー精神」を聞かされて気圧されていたが、KO寸前まで打ち込まれながらオノレのパラダイムシフトを獲得する。金のハングリー精神は他律的だが、ジョーと戦うための力石の減量苦は自律的だった と。減量のほうが戦時飢餓より「強い」、なぜなら「自分で選びとったから」と。猛反撃に転じ、金は自らの戦時体験「ゆえに」敗れ去った。

往年のフォークソング戦争を知らない子どもたち」は親世代の戦争体験を真摯に受け止めながらもその「オールマイティ」的なところへの些かの反発を(も)歌ったが、戦争体験を「超える」体験として何かを描いた例は他にあんまり無いのではないか。

モチロン戦争が人々にもたらす惨禍はまさに他律的だからでもあり、戦争が絶対に許されないのはだからこそでもあり(金のKO負けという「二次被害」をもたらすほどに戦争は罪深い)、他ならぬちばてつやも代表作の一つ『紫電改のタカ』ラストでそれを訴えている。

miyashinkun.hatenablog.com

 

miyashinkun.hatenablog.com

 

「巨人の星」ネタ

去年の1月2日、元阪急ブレーブスの強打者スペンサー選手が死去。

個人的に 野球を見るようになって初めての「外国人選手」です。

 

死去を伝える記事に

星飛雄馬投手(巨人)の大リーグボール1号を打ち崩すため花形満一塁手阪神)が編み出したトレーニング法で特訓したことでも知られる、、、

とは書いてありませんでした^^;

 

miyashinkun.hatenablog.com

 

miyashinkun.hatenablog.com

 

私的オールタイム10冊

 

ドストエフスキー罪と罰』や漱石『こころ』やカフカ『審判』 あるいは村上春樹カズオ・イシグロではあったりまえすぎる?ので

ほぼ読んだ順で、他の時期に読んでいたら入らないかも の私的で私的な10冊。


①クイーン『Yの悲劇』
中坊のとき初めて読んだ大人の推理小説(小学校図書室で読み倒したホームズ、ルパンの子供向けシリーズは番外)。ビギナーズラックで?後半なかばに犯人が分かった。以降、いわゆる本格ものを読んで犯人当てたことなし。
五木寛之『蒼ざめた馬を見よ』
高一で読み、子供から若者の仲間入りをした気がした。
本多勝一『殺される側の論理』
今や注目されることもなくなった元新聞記者。本多信者になってしもうた。
松本清張『北の詩人』
胸の病ゆえに信念が揺らいだ、戦後期朝鮮半島の詩人の葛藤を描いた作。
(軽い)喘息を発症し、就職希望先を変えた心境となんとなくシンクロ。
オーウェル1984年』
これを読んでいたので、ハルキ『1Q84』も一層味わい深く。
動物農場』も!
丸谷才一『裏声で歌へ君が代
旧かな使いに拘るガンコなオッサン 的イメージで食わず嫌いだったが
ドッコイ、整然・情緒が一体となった丸谷ワールドにハマり全作読み通した。
とかく先入観は、、、人生何度目かの反省。
梅棹忠夫『文明の生態史観』
説の当否はともかく、ダイナミックな論理展開に魅せられ衝動的に比較文明専攻の院に入ってしまった。
アリストテレス『動物誌』
近代科学的知見がない(言うまでもないね)紀元前の動物観察、実に興味深い。
プラトンアリストテレスは何冊も読んだが、理解できたかハナハダ疑わしく。
西田典之『刑法総論』
独学で司法試験に挑戦していたとき、「常識」的妥当性と論理的妥当性が異なるところがエキサイティングだった。
ヤン・ヨンヒ『かぞくのくに』
これほど映画との相乗効果は珍しい、と思った。

miyashinkun.hatenablog.com

 

 

やっぱりソックリ!?

 ①「自衛隊の存在が憲法違憲か合憲かについて議論が存するということ自体がいかんと思う。」「当然 一点の憲法上の疑義のないような憲法を持たなければ嘘だと思う。」

②「多くの憲法学者や政党の中には、自衛隊違憲とする議論が今なお存在しています。」「自衛隊の存在を憲法上にしっかりと位置付け、『自衛隊違憲かもしれない』などの議論が生まれる余地をなくすべきであると考えます。」

①は、改憲論者として知られた岸信介元首相の発言。晩年、国際政治学者 原彬久氏のインタビューに答えたテープからの書き起こし。12/21放送NHKETV特集 砂川事件 60年後の問いかけ」の中で紹介された。

②は、祖父の岸氏を尊敬してやまないと伝えられる安倍首相の言。今年の憲法記念日に行われたフォーラムに寄せられたビデオメッセージ。毎日新聞サイトの全文掲載より。フェアーを期すために前後の文を併せてコピペ↓

「例えば憲法9条です。今日、災害救助を含め命懸けで、24時間365日、領土、領海、領空、日本人の命を守り抜く、その任務を果たしている自衛隊の姿に対して、国民の信頼は9割を超えています。しかし、多くの憲法学者や政党の中には、自衛隊違憲とする議論が今なお存在しています。「自衛隊は、違憲かもしれないけれども、何かあれば、命を張って守ってくれ」というのは、あまりにも無責任です。
 私は、少なくとも私たちの世代のうちに、自衛隊の存在を憲法上にしっかりと位置付け、「自衛隊違憲かもしれない」などの議論が生まれる余地をなくすべきであると考えます。」