行政書士ミヤシンの800字映画評

映画の感想を原稿用紙1〜2枚分でコンパクトに。ときどき書評。たまに・・・。

横浜かをり のレーズンサンド

f:id:miyashinkun:20180225170838j:plain

前世紀、横浜に転勤した20代後半で初めて食して これまたホントに美味い!と思った。「を」ってところが老舗らしいよね。2階のフレンチレストランはとっくに無くなっているらしいけど。

馬車道十番館のケーキ、とんかつ勝烈庵、太田なわのれんのすき焼き、洋食 ホフブロウ、、、ヨコハマには美味かつ いい感じの老舗がいっぱいあったなあ。モチロン中華街も!

 

miyashinkun.hatenablog.com

老舗お菓子つながり↓

miyashinkun.hatenablog.com

 

映画「大いなる沈黙へ」

アルプス山脈に建つカソリックの男子修道院。厳格な戒律で知られる。その一年間を「そのまま」撮ったドキュメンタリー。照明なし・音楽なし・ナレーションなしの条件で映画化が許可された(と文字説明が入った)。

祈り中心の(と言うより祈るための)質素で規則的な毎日。修道士たちがここで一生を送るのは、字幕として何度も出た「神よ あなたが私を誘惑した」ゆえだろうか。それは異性や仕事に「誘惑」(騙しとしての誘惑に非ず)されて没入するのと似て非なるものか、似ずして別物か。没入しきるほどの「魅力」と捉えるとしたら、まさに似たもののようにも感じた。俗世のあれこれとはそもそもが異なるのは言うまでもないが。

時おり修道士たちの顔アップが挟まる。いたずら小僧がそのまま大人になったような顔、どこにでもいそうな好々爺みたいな顔。皆、見るからに聖職者 みたいな趣ではなかった。日曜日に数時間だけ修道院の外に出て散歩が許される。一週間でそのときだけ言葉を交わすことが認められ、ジョークを飛ばし合ったり。無邪気に雪遊びをしたりも。   

意外にも、とりたてて禁欲的とは感じられなかった(もちろん禁欲に他ならないが)。祈りそのものだけでなく修道院生活全体が信仰の実践であり、かつそのことを意識さえしない境地にも達していて、ことさら自らに禁欲を課しているわけではないからだと思う。

静かで穏やかな暮らし。2時間49分。眠くなるが、だんだん「馴染んで」きて単調でゆったりした時間を見続けるのが心地よくもなってきた。複雑で慌ただしい日々よりも「あるべき」だからか(たまに旅行で山に行くと二日もすれば退屈するくせに何をか言わんやだが)。   

「人間が他の動物と最も異なるのは信仰心」と何かに書いてあったのを思い出した。その伝でいくと我々多くの日本人はどうであろうか。「日本の常識は世界の非常識」の一つと言えるかもしれない。異性や仕事に似ている なぞと言う私こそ「多くの日本人」の最たるものだろうか。

日本公開2014年

本作の公式サイト↓

映画『大いなる沈黙へ』オフィシャルサイト

 

キリスト教カソリック)に関して 近年観た2作↓

miyashinkun.hatenablog.com

miyashinkun.hatenablog.com

 

ラグビーと麻雀

sunwolves.or.jp

スーパーラグビー2018開幕! 

ふと思ったのですが
ラグビーと麻雀の楽しさは似ている。必然と偶然の絶妙のバランスみたいなのが。
ラグビーは(あらゆるスポーツがそうであるように)理詰めのスポーツですが、楕円球がどこに転がるかは ?
麻雀も頭を使いますが、どの牌を引くかは ?
ボールの転がり方や 引いた牌への対応力がキーになるところも
流れが良い時には、うまく転がったり よい牌を引いたりのところも
似ている、、、と。

そして来年はいよいよラグビーワールドカップ日本大会!!

おみや♬

f:id:miyashinkun:20180221112120j:plain

ツマが国立劇場文楽を観に行って、数百メートル先の泉屋で。

f:id:miyashinkun:20180221130752j:plain

f:id:miyashinkun:20180221130730j:plain

f:id:miyashinkun:20180221195422j:plain

f:id:miyashinkun:20180222110804j:plain

 

世の中にこんな美味いモノがあるとは!

と思ったのは
・子どものとき初めて食べたヨックモック
・初めて出た友だちの結婚披露宴で初めて食べてその後は食べたことがない海老のコキール
・横浜に転勤して初めて食べた崎陽軒シウマイ弁当
・高校友人たちと定例の新年会でアラサーのとき初めて行ったカニ道楽
ですが
やっぱりそうゆうのは若いころかな。

カニ道楽には同じメンツでアラフィフのときにも行きましたが、美味いには違いないけど大感激するほどではなかった。
ワタシ食通でもグルメでも何でもありませんが、半世紀以上生きてきてやっぱり口がおごっちゃってるのかしらん^^;

あ、もう一つ 大学新入生のとき 先輩女子のおにぎり↓ 

miyashinkun.hatenablog.com

 


西村賢太私小説 新刊

今年1月 講談社から発行された短編集『夜更けの川に落葉は流れて』です。
西村作品のタイトルは、表題作のように内容とミスマッチな文学的趣深いのと 収録作「青痰麺」のように内容通り嫌悪感を覚えさせるのがありますが
いずれにしても 主人公・北町貫多(≒西村賢太)これでもかこれでもかの品性卑しさに変わりありません。これまたミスマッチ的な ユーモアらしきモノもいつも通り。本作の3編は貫多(≒賢太)、主に20代のときです。

「品性卑し」と書きました↑が
しかしながら、はたしてホントにそうか?↓

miyashinkun.hatenablog.com

 

もし二人が「交錯」していたら罵詈雑言を浴びせ倒し合っていたであろう、ある意味 西村賢太以上(以下と言うべきか)に毀誉褒貶が激しい私小説家だった夫・車谷長吉を詩人・高橋順子が回想↓

miyashinkun.hatenablog.com

 

萩原恭次郎『死刑宣告』

 

f:id:miyashinkun:20180219112125j:plain

f:id:miyashinkun:20180219112321j:plain

f:id:miyashinkun:20180219112252j:plain

萩原恭次郎(1899-1938)は
高名な詩人 萩原朔太郎と同時代同郷の詩人。
1925(大正14)に上梓された詩集『死刑宣告』の復刻版です。
 
このデザイン! このレイアウト!(というカタカナ言葉では薄っぺらく感じられるほどの!!) 70年代アングラ的な(ベタ)センス などとは言うなかれ。1920年代ですぞ。
もちろん詩そのものも! 心地よい適温に非ず。熱湯(または氷風呂)なるも
ご興味ある方は地域の図書館にたいてい在るかと。
 
大正期の文学史的(文化史的)位置づけ、その中での本書の位置づけ を学びながら も一興かも。
政治的スタンスの変遷も要注目とのことですが、それはまた別の話として。

f:id:miyashinkun:20180219113150j:plain

 
オリジナル版も以前に早稲田大学図書館で手に取りました。
 

白+茶のパンダが実在

f:id:miyashinkun:20180218142840j:plain

ガチャポンのおかげで初めて知った。ホワイトライオン(『ジャングル大帝』!)と同種の原理?かな?

 

f:id:miyashinkun:20180218121608j:plain

f:id:miyashinkun:20180218121636j:plain

 

去年初めて知った、パンダのXXは↓

miyashinkun.hatenablog.com

 

そりゃそうだ

 

f:id:miyashinkun:20180217120927j:plain

日本チームも大活躍中のカーリング

さいきん知ったのですが エンドごとに逆向きに投げてるのですね。ボーリングみたいに一方向に投げているのかとなんとなく思っていました。

あるエンドで画面↑奥から投げたなら そのストーンがたまっている画面↑手前から次のエンドでは投げる、という具合。

たしかに ちょっと考えれば、16個もの重そう!なストーンをわざわざエッチラオッチラ運ぶハズないよね。

会場で見てれば2エンド目にスグ分かるわけだけど、テレビだとエンド間にはVTRを流したりCMが入ったり、、、やっぱりテレビで「見る」のは何かとキケン⁇

 

f:id:miyashinkun:20180217113645j:plain 

 

「この世界の片隅に」 テレビ初放映(CSで)

視聴環境にある方にゼヒお薦めします

www.nihon-eiga.com

 

miyashinkun.hatenablog.com

 

中村文則『銃』

偶然にも拳銃を拾った青年の心象を深く鋭く掘り下げていく小説です。
とてつもない異物に直面した人間を描くのは文学の(いや芸術全般の)定石の一つではありましょうが、本作は高いレベルでそれに成功しているように思いました。
新潮文庫 2006年発行。

そう言えば、お笑い「ピース」の又吉が本作をオススメしていました。

又吉と言えば↓

miyashinkun.hatenablog.com

miyashinkun.hatenablog.com

 

やっぱり脳が!?②

数年前の同窓会でン十年ぶりに再会した友がミュージシャンとしてロックバンドで活躍しているのを知って以来、世の中にライブハウスがけっこうたくさんあるのに気づいた。それまでは同じ道を通ってもゼンゼン目に入らなかったのに。

親が要介護になって以来、世の中に介護施設が(以下同文)。

やっぱり脳が???

miyashinkun.hatenablog.com

 

 そのバンド↓

miyashinkun.hatenablog.com

miyashinkun.hatenablog.com

miyashinkun.hatenablog.com

 

上村愛子さん

NHKテレビで平昌オリンピック中継をしている彼女、前大会までスキーモーグルで5大会連続してメダルを期待されながら7位→6位→5位→4位→4位とどうしてもメダルに手が届かなかった。

前大会の競技後、わがフェイスブックにこんなことを書いていました↓

上村愛子選手の試合直後のインタビュー。
20年近くおそらく全力以上を尽くして追い求めたものが結局得られなかった。アスリート的には悔しさを前面に出すのがあるいは「正しい」のかもしれない。
しかし彼女はうつくしい笑顔うつくしい言葉づかいで振り返る。嘘偽りのカケラも感じられない、とはこういうことかとも思う。昨日の東京の銀世界のように冴え冴えとしていた。
喜びを爆発させる 彼女より若いメダリストの姿もまたうつくしく、それとの対比もうつくしかった。

そして今大会
日本選手のメダル獲得に、自分のことのように(自分のこと以上に)嬉しそうな彼女を見ました。

やっぱり脳が!?①

ホームスタジアム最寄りの武蔵中原駅でいつも流れる川崎フロンターレのテーマ曲
行きは高揚感をカキ立て 勝った帰りはウキウキ気分になるけど
負けたときはモノ悲しく聞こえて、、、

ウチでムスコと同時期に風邪をひくと
XXちゃんのクシャミはカワイイ♬けど
アンタのはウルサイ!
と言われ、、、

やっぱり脳が「聞いて」いるのかなあ???

雪かきで活躍

 f:id:miyashinkun:20180211112156j:plain

f:id:miyashinkun:20180211112217j:plain

昨シーズン 川崎フロンターレ入場者プレゼント↑

もうすぐJリーグ今シーズン開幕!

 

わがフロンターレ(ケンゴ)愛↓

miyashinkun.hatenablog.com

miyashinkun.hatenablog.com

miyashinkun.hatenablog.com

miyashinkun.hatenablog.com

miyashinkun.hatenablog.com

miyashinkun.hatenablog.com

miyashinkun.hatenablog.com

miyashinkun.hatenablog.com