読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行政書士ミヤシンの800字映画評

映画の感想を原稿用紙1〜2枚分でコンパクトに。ときどき書評。たまに・・・。

日本初の盲導犬

f:id:miyashinkun:20170424085721j:plain

1939年。日本最初の盲導犬は 失明した傷痍軍人に仕えた。と言うより、その時代は傷痍軍人用だけだった。

葉上太郎『日本最初の盲導犬』(文藝春秋、2009年)は、戦中戦後10年ほどの間の盲導犬たちをめぐるノンフィクション。その名は、ボド(表紙写真)、リタ、アスター、ルティ、千歳、長門、利根、フロード、セドー、シン。
今の盲導犬クイール(秋元良平『盲導犬になったクイールあすなろ書房、1993年)のようにレトリバーが主流だが、当時はシェパードの独擅場だった。

一人一人の心身を深く傷つける戦争に対する怒りが全体にわたってベースとなっています。
ワンコ党にとっては、犬の素晴らしさ、犬と暮らす素晴らしさにも改めて心打たれます。

西村賢太、新作!

f:id:miyashinkun:20170423213015j:plain

芝公園六角堂跡』。先月発刊、西村賢太の新作短編集です。

氏の本にしては珍しく一か月ほども図書館予約待ち。氏はエッセイで 図書館利用の読者に罵詈雑言を浴びせているにかかわらず、全作読んでいる私は一冊も買っていません。それこそ氏のファンらしい と自任する次第!?

いつもながらの(と言うか 知る人ぞ知る、と言うより 知っている人だけ知っている^^;)北町貫多(≒西村賢太)主人公の私小説なるも
いつもながらの(と言うか〜以下略)テイストとはチト違い
全4編、バイオレンス(とのカタカナ言葉のような上等なシロモノではないが)皆無で
小説を「何んの為に書いているのか」(原文ママ)をツラツラ自問し続ける「静かな」展開。出色の出来と思しき4編目の ラストで、その「答」に至ります。
そこはかとないユーモア(と言うほど、これまた上品ではないが)と文章のテンポ良さは、いつもながら♪

 

miyashinkun.hatenablog.com

 

見たの初めて!

f:id:miyashinkun:20170422120226j:plain

 

クジャクの羽開き、初めてナマで見ました。

どうせ今日もダメだろうとまるで期待していなかったのですが

突如「ガア゛」とひと鳴きしながら全開♬ @相模原麻溝公園「動物ふれあい広場」

 

クジャクって鳴くのですね。存外 およそ美しい声ではなかったけど。

 

 

 

何ごとも「ウラ側」は見ないほうがいいようで、、、 

f:id:miyashinkun:20170422120816j:plain

 

主語は「わたしたち」

f:id:miyashinkun:20170421092500j:plain

ジュリー・オオツカ『屋根裏の仏さま』。2016年発行(原著は2011年)。

米国に移民した男性の元へ「見合い写真」だけを頼りに日本から嫁いで行った20世紀初頭から 1941年12月「真珠湾攻撃」後までの、「わたしたち」の苦難の日々が綴られた中編小説です。
真珠湾攻撃」とまで書けば ラストは「日系人強制収容」と書いてもいわゆるネタバレにはなりますまい。そもそも本作はネタバレ云々とは次元が異なる作品と言えます。
一人一人は個性を持った別個の人間であるのを示す出来事を数多並べながら、あたかも無個性の「塊」かのように「日系人」女性として歴史に政治に社会にそして戦争に翻弄されたことを表すのに、全編を通しての主語「わたしたち」が効いています。

彼女たちが何に直面し、何を思ったかは、実際の体験談に基づいている とのこと(巻末「謝辞」「訳者あとがき」)。

f:id:miyashinkun:20170421092703j:plain

 

須田セツ子著『私がしたことは殺人ですか?』

映画「終の信託」が材を取った 川崎協同病院事件。
重症喘息患者の死をめぐり
安楽死とは 尊厳死とは」の議論、「美人医ウンヌン」の興味本位な報道、で覚えておられる方も少なからず、と思います。
著者は
殺人罪の有罪判決を受けた(懲役1年6月 執行猶予3年 最高裁で2009年確定)
担当医です。

本書タイトルの問いかけは
自分の医療行為は刑法199条「人を殺した」に当たる筈がなく
仮に刑法の構成要件に該当せざるを得ないとしても 自分は殺していない
を含意します。
後者は
裁判上の「真実」イコール真実か、という数多論じられてきたテーマとも言えましょう。

その上で著者は 終末期医療についての持論を展開。死は厳かなものであるのだから ガイドラインや法律でガチガチにスキームを固めるよりもむしろ 寄り添っている家族と担当医と本人の「阿吽の呼吸」の方が相応しいのでは、と。
(チームで合議するとどうしても「延命」の結論になってしまうので)担当医一人だけの判断であるべき、との考えには小さからぬ疑問がありますが。

私は成人してから軽度とは言え喘息で苦しんだ時期があり
同年代のみなさま同様に身内を看取ったり、あるいは例の「同意書」に何度か署名した経験もあり
いろいろなことを考えさせられた一冊です。
青志社、2010年発行。

 

miyashinkun.hatenablog.com

 

 

映画「終の信託」(周防正行監督 2012年公開)


現実の事件に材を取り、重症喘息患者の尊厳死安楽死をめぐるストーリーです。
実はワタシ成人してから喘息で少々苦しんだ時期があり
日頃はしていることを意識すらするハズもない呼吸を
一生懸命しなければならないほどの体験を何度も。
ワタシは軽度だったとは言え多少なりとも身につまされた、も含めて
とても見応えがありました。
患者役はサスガの役所広司
大沢たかおが、とてつもなく頭がよくてかつそれを自覚し(すぎ)ている検事を印象深い好演。
担当医の草刈民代も熱演でしたが、、、正直もっともっと上手く演じる女優はいるだろうなあと。

彼女のようなヒトに測られたら脈拍や血圧上がっちゃうだろうなあ(^^;)。調整係数みたいなモノあるのかしら???

アカデミー賞作品賞「ムーンライト」

観た。想像力と考察力が求められる作品だった。およそ映画というものは大抵 そうであろうが、とりわけ!

アフリカ系アメリカ人が主人公。前半が幼年期、中盤が少年期、後半が青年期。
タイトルたる「ムーンライト」が所々でキーになっている。前半ではセリフとして、中盤ではシーンの「背景」として、後半では「映像」(月そのものの映像に非ず)として。

観た同士で語り合いたくなる作品でもあった。あとからジワジワくるよ。

ワンコ本 私的No. 1

f:id:miyashinkun:20170406101637j:plain


著者の飼い犬をめぐるエッセイ『犬心』(文藝春秋社、2013年)。
主役はシェパード犬のタケ、準主役が著者およびパピヨン犬のニコとルイ、脇役が著者の家族とその他動物たち。

犬と暮らす素晴らしさと大変さが機微に至るまで描かれている。現代詩の世界で知られる詩人ならではの、素敵な観察眼と表現力で。あ、(私が彼女の詩を読んでチンプンカンプンな)メタファーとかは無し(しいて言えば表紙イラストのタケ・・・シェパードには見えないよね^^;)。読みながらクスッとしたりホロリとさせられたり。
犬を飼っていたり飼ったことがある方にはとりわけ!と思う(私も含めて)。一つだけ引用すると・・・著者が1か月の旅から帰りドアを開けると「『おかあさんのいない間、ずっとこのドアの前で待ってましたよ』という風情のニコ」。ね、それってあるある!でしょう!?

並行して書き込まれているのが、米国に住む著者の 究極の遠距離介護。それができ得たのは(それがギリギリ可能な父親の健康状態だったことも確かだが)父親と「同居」するルイの「おかげ」だった。

いたずらに擬人化することなく犬を犬として真摯に生き物に向き合う著者のスタンスに感服!!

miyashinkun.hatenablog.com

伊藤比呂美『ラニーニャ』

f:id:miyashinkun:20170404121153j:plain


著者は現代詩の世界で知られる詩人。本書では、1998年から2001年までに発表された小説3編が収められています。

表紙は、メキシコとの国境付近にあるアメリカ 道路標識のイメージ。ネットでちょいと調べてみたら 似た実物は確かにあるようだ(今現在もあるかは分からなかった)。
道路に飛び出して来る不法移民に注意するように!との標識で、収録作『スリー・りろ・ジャパニーズ』(「りろ」=リトル)に出てくる。西洋人から非西洋人は標識のイラスト「のように」見え、3人の日本人(=非西洋人)が「そう」見えた、がこの作のキーになっている。
「トランプ現象」の昨今、計らずもいみじくもタイムリーな作になり得ているとも思った。

前世紀末に米国に合法移民した著者は「(911)以前と以降とでは、アメリカは本当に変わりました。その変化は不可逆的で、以前あった大らかさや夢は(そんなもの、ほんとうはなかったかもしれないけど)、もうない」と2016年4月付の「あとがき」で書く。
すなわち、新大統領が「変えた」わけではない ということか。

・・・と書くといわゆる社会派作品に思われるかもしれませんが、さにあらず 気象用語たるタイトルの表題作他1編は私小説、『スリー〜』は私小説風 の趣です。

有吉佐和子『和宮様御留』

長年気になっていて やっと読んだシリーズ^^;
長年期待していた通り 重厚な小説だったが

長年想像していた中身とはゼンゼン違った!?!
幕末期公武合体のために「降嫁」した
皇女和宮の 話ではなく(あらためてタイトルを見ると、和宮は「御留」とちゃんと書いてある^^;)

替え玉をめぐる話 とは思いも寄らず。

1978年発行。

本筋とはまるで関係ないですが
京と江戸の板挟みになった公家(和宮の叔父)の心情と裏腹に秋の虫が美しい音色を奏でるシーンを読んで
近年は激猛暑なのに秋分の日を過ぎると必ず聴こえる、、、江戸時代も いやもっと昔から毎年同じ頃に鳴き始めていたんだなあとフト思いました。

もみじ饅頭

f:id:miyashinkun:20170329091319j:plain

抹茶味というのを初めて食べた。

粒餡だった。ソレも初めて。今まで食べたのはいつも こし餡だったので。

美味しい!

眞並恭介『牛と土』 ※2015年講談社ノンフィクション賞

f:id:miyashinkun:20170323144011j:plain

 

「帰還困難区域」「居住制限区域」の畜産家たち(と牛たち=中表紙もその一頭)の2011年311から2014年までを追ったルポルタージュ
苦難 という言葉では軽すぎる日々。

読みながら・・・
「それでも原発推進」の向きがしばしば発する「あの事故で直接死んだ人はいない」を見聞きするたびにいつも私は気持ちがザラザラするのですが(私だけではないでしょう)
たしかに「直接死んだ人はいない」、彼ら畜産家に向かって それを言えるか!とも思いました。

本書の柱、「肉用牛としての価値」を失った牛が生きていく意味と生かしつづける理由を模索する「牛飼い」たちの姿は、実に気高く。「区域内の牛はいずれ屠殺される運命だったのだから殺処分されても同じ」(「あの事故で〜」とどこか似ている気がします) とは真逆の。
その模索は、農地保全として 研究用として、実を結びつつある と。

同時は?

センバツ高校野球が開幕、判定を巡るアレコレがあったようですが

子供のとき 同時アウトvs同時セーフ で揉めなかった?
「野球規則によると〜」てなデキスギ君がいようはずもなく、根拠レスでただただ「アウトだ!」「セーフだ!」 エンエンと・・・

後年読んだ近藤唯之か誰かの本に、「野球規則によると」同時はセーフ、と書いてありました。

開花!

本日午後3時すぎ、東京世田谷区の桜並木で確認しました。

f:id:miyashinkun:20170320161636j:plain

f:id:miyashinkun:20170320161721j:plain

f:id:miyashinkun:20170320161744j:plain

miyashinkun.hatenablog.com

東京タワー水族館

f:id:miyashinkun:20170318130207j:plain

f:id:miyashinkun:20170318130228j:plain

f:id:miyashinkun:20170318130302j:plain

ワニガメは ほぼ常に口を開けているとか

・ろくろっ首ふう?クビナガガメ

・this is ナマズの風貌なるも その名にナマズのナの字もなかった

f:id:miyashinkun:20170318130126j:plain