行政書士ミヤシンの800字映画評

映画の感想を原稿用紙1〜2枚分でコンパクトに。ときどき書評。たまに・・・。

映画

「マチネの終わりに」映画化 の主演は

福山雅治、切ない大人のラブストーリーに挑む!「マチネの終わりに」主演で石田ゆり子とタッグ : 映画ニュース - 映画.com テッパン!ですね。もともとギタリストでもあるし。 言いがかり的呟きだけど あまりにもテッパンすぎる、というか 読んでいて完璧な…

寅さんと浜ちゃん

60年代末から90年代半ばまで制作された映画「男はつらいよ」(寅さん)シリーズと80年代後半からゼロ年代にかけての「釣りバカ日誌」シリーズは、戦後社会史のちょっとした勉強になるかも。 第1作で結婚した(今や死語化しつつある「祝言を挙げる」 と言って…

映画「ワンダー 君は太陽」を観て

10歳の少年オギーは遺伝子の疾患により、いわゆるユニークフェイスだった。学校には行かず自宅で温かい家族と「オギーは太陽、父母と姉は惑星」として穏やかに暮らしていたが、勉強を教えていた母(ジュリア・ロバーツ)の決断により新年度から5年生に編入す…

スピルバーグ作品のオモテ ウラ

前世紀、営業マンだったとき 当たり障りのない話にはニコヤカ穏やかなのに 核心に入ると一転ニベもなく断る人・・・ 心の中でグレムリンと呼んでいました。スピルバーグ映画の。 オノレの営業力不足はタナに上げてね。 なお、「グレムリン」はウラ「ET」で…

映画「万引き家族」追記 安藤サクラ

安藤サクラの凄演は、 いつもながら監督や脚本の意図を超えて役を表しているのではと思えるほど。ナルホドこの人ならこんなふうだろうと観ていてストンと腹に落ちる。 主演の「百円の恋」では、好演していたであろう共演者たちが印象に残らなくなるほどの、…

カンヌ受賞映画「万引き家族」(と「俺たちに明日はない」)

夕立のときの治(リリー・フランキー)と妻・信代(安藤サクラ)のシーン。「俺たちに明日はない」の最終盤、野っ原でのウオーレン・ベイティとフェイ・ダナウエイのシーンへのオマージュと思えた。 「その行為」のあとのベイティを彷彿とさせる、リリー「で…

しかも!

わがイチオシ若手女優 安藤サクラも出演 miyashinkun.hatenablog.com miyashinkun.hatenablog.com miyashinkun.hatenablog.com

是枝監督作品 カンヌ映画祭 受賞

headlines.yahoo.co.jp 是枝作品↓に共通のテーマは「家族」。家族をテーマにした映画はモチロン少なくありませんが、是枝監督の描き方は余人をもって代えがたいと思います。 miyashinkun.hatenablog.com miyashinkun.hatenablog.com miyashinkun.hatenablog.…

映画「四月の永い夢」

tokyonewcinema.com 映画評論家の故淀川長治氏は「どんな映画でも必ず一つは良い所がある」と語っていましたがヒロインの ラスト笑顔(だけ)がとても素敵でした。最近観た中では佳作「ブルックリン」ヒロインのラスト笑顔を思い出させるほどの。ストーリー…

キング牧師暗殺50年

headlines.yahoo.co.jp わがオールタイム最高ランクの映画↓、1960年代 人種差別の実態も描かれています。 miyashinkun.hatenablog.com miyashinkun.hatenablog.com

スピルバーグ やっぱり⁉︎の最新作 3/30公開

「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」ciatr.jp miyashinkun.hatenablog.com

映画「シェイプ・オブ・ウオーター」追記

刑事ドラマ「相棒」の警察官僚、大河内参事官は背広のポケットに常にピルケースを入れています。中身は菓子のラムネで、ストレスがかかったときに食べます・・・ 本作に よく似た性癖を持つ登場人物がいました。主人公たちを「妨害」する軍人です。今の目で…

アカデミー賞作品賞「シェイプ・オブ・ウオーター」を観て

www.foxmovies-jp.com 1960年代前半という時代の冷戦まっただ中の米ソによる宇宙「開発」競争という道具立てとマイノリティへの差別 偏見があからさまだった米国社会という背景でサスペンス含みの、素敵なファンタジーでした。 と言ってみたものの実のところ…

アカデミー賞主演女優賞・助演男優賞「スリービルボード」を観て

www.foxmovies-jp.com タイトル通りの、(米国南部いなか町の町外れに立った)三枚の広告板。そこに書かれている文言が物語のキーになる。 社会的に「抹殺」されそうになるが「生き残り」、物理的に「葬られ」ても「復活」する、三枚の広告板・・・とても効…

映画「大いなる沈黙へ」

アルプス山脈に建つカソリックの男子修道院。厳格な戒律で知られる。その一年間を「そのまま」撮ったドキュメンタリー。照明なし・音楽なし・ナレーションなしの条件で映画化が許可された(と文字説明が入った)。 祈り中心の(と言うより祈るための)質素で…

「この世界の片隅に」 テレビ初放映(CSで)

視聴環境にある方にゼヒお薦めします www.nihon-eiga.com miyashinkun.hatenablog.com

昨年話題映画「メッセージ」原作

2003年(原著は2002年)発行のSF短編集。表題作が 映画「メッセージ」の原作です。 地球に訪れた異星人が使う言語は、私たちとはまるっきり体系も次元も異なるモノだった。その意思疎通に取り組む女性研究者。ときおり挟まる、彼女と娘との親子の会話が共通…

安藤サクラとくれば

headlines.yahoo.co.jp この快演を思い出す miyashinkun.hatenablog.com 映画ポスター 女優賞も贈呈したい 100yen-koi.jp

「パディントン2」 付け足し

英国に美味い物なしとしばしば言われますが、パディントンが「入った」ある「施設」に「居る」人たちが 世の中にこんなに美味い物があったのか!ほどマーマレードに大感激するのはひょっとして英国流自虐ギャグ?? もしも ホントに「大統領似」↓だとしたら…

映画「パディントン2」

リクツ抜きで楽しめました。英国コメディつながりと言うべきか、「Mr.ビーン」的笑いどころも満載。ビーンの役どころがパディントンです。とてもとっても可愛いパディントンだけど、いわゆる可愛チックのルックス(性格も)ではないところがまた良し。 映画…

今までの 映画に関する記事

「〜映画評」のブログタイトルが看板に偽りあり状態になっちゃっているので 映画に関する記事一覧です↓。よろしければゼヒお目通しください。 miyashinkun.hatenablog.com

ローマ法王の

www.news24.jp 政治に一歩踏み込んだメッセージを聞くたび この映画↓を思い出す。 miyashinkun.hatenablog.com

今日は何の日

40年前のきょう チャップリン死去 miyashinkun.hatenablog.com

ナルホド!スピルバーグは反トランプ(映画「ターミナル」を見て)

この作品だけでもスピルバーグが反トランプなのが頷ける。長らく観たいと思っていた、2004年公開のスティーヴン・スピルバーグ監督作。 公開された年は、2001年911テロのあと米国内(に限らず)の「分断」が取りざたされていた頃。その15年ほど前には共産主…

ローマ法王は・・・

headlines.yahoo.co.jp ローマ法王は、彼の半生を描いた映画↓によると、聖職者になりたてのとき日本へ布教に赴きたかったとのこと。 miyashinkun.hatenablog.com

福島の牛 映画と本

www.power-i.ne.jp ↑いま公開中のドキュメンタリー映画。この公式サイトを見ると、私が今年読んだ中で印象深いベスト5に入るルポルタージュ↓に出てくる畜産家が何人も出演しています(サイトでは この本について全く触れられていませんが)。観よう! miyash…

映画「ドリーム」ジーンときたセリフそして寅さん

「黒人も白人も小便の色は同じだ」所属部署で唯一の黒人である主人公。トイレは800メートルも離れた「非白人用」まで毎度毎度行かなければならなかった。それを彼女から訴えられた本部長が、「実力行使」によって「解決」したときの言。(本部長以下誰も 言…

映画「ドリーム」

オススメと特オススメがあるとすれば ダンゼン後者、いや 超!特!オススメ!!です。観た人が異口同音に言うように、素敵な爽快感♬(ウルウル付き)。類例を思いつかないほどの。 ケネディ大統領時代NASAで有人宇宙飛行プロジェクトに貢献した黒人女性の物語…

シリーズ最高作?!

土曜夜BSで見た「男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋」は全48作の中でとても珍しい作。と言うのも、振ることはあっても振られることはあり得ない美しすぎるマドンナたちの中で本作のいしだあゆみは振られる(新進陶芸家に)ところから始まるので。しかも最後に…

映画「男はつらいよ」の・・・

BSジャパンで映画「男はつらいよ」シリーズを毎週土曜18:30から放映しています(少なくとも東京では)。 今夜は、「シーンとしてのマドンナ」わがイチオシ「アジサイ寺で寅を待ついしだあゆみ」の第29作です。ご参考まで。 miyashinkun.hatenablog.com